2016年9月25日日曜日

Bontrager R3&R4 Tire(ボントレガーR3タイヤ)とContinental Granprix & GP4000S2(コンチネンタル グランプリタイヤ)を比較!

ロードバイクタイヤの鉄板「Granprix 4000」とBontragerのタイヤを比較しました!

ネット上でも評判の数が少ないBontrager(ボントレガー)のタイヤ達。「TREK御用達」というイメージが強くて、使用レビューの数が少ない模様。という訳で、現在最も評価の高いであろうContinental Granprix&4000 S2と比較してみます!

スペックが分かる「重量」と「TPI」とは
カタログを開くと、必ず掲載されている2つの数値は以下のような要素を含んでいます。

1.重量→ホイール外周部の軽量化により「加速性能の向上」「低慣性化=少ない入力でタイヤを転がせる」という利点が生まれます。

2.TPI→「Threads Per Inch」の略で1インチあたりのケーシング(=ひも状のタイヤの骨格)の本数。多いほどタイヤはしなやかで路面追従性が高いとされています。

では二つの数値をそれぞれのグレードで比較してみましょう!


5,000円台タイヤ:R3 Tire VS Granprix
大体のお客様が、交換時期を迎えると購入する価格帯の対決です!小売り希望価格は共に5500円の2製品をチェックしましょう!

1.重量(700x23c): R3→190グラム / Granprix→225グラム
タイヤ1本の重量はボントレガーに軍配が上がりました。その差は35グラム。タイヤ1本200グラム中の割合は2割弱というところで、侮れない重量差です。実はボントレガーのクリンチャータイヤ(Rシリーズ)は価格帯別/サイズ別で最軽量になる事が多いです。

2.TPI値: R3→120TPI / Granprix→180TPI
TPI値の高さ(=しなやかさ)ではGranprixが優勢です。先ほどボントレガーのコスト別重量では右に出る者はいないという話をしましたが、TPI値ではコンチネンタルのタイヤも同じことが言えます。しなやかさがあるという事は安定したライディングに繋がるという事なんです。



7,000円台タイヤ:R4 Tire VS Granprix 4000S2
高パフォーマンスを期待する価格帯となりますが、果たして数値はどのように違いが出るのか。最近注目度の高い700x25cサイズでチェックしました。

1.重量(700x25c): R4→185グラム / Granprix 4000S2→225グラム
こちらも重量ではボントレガーが一歩リード。5000円台タイヤと比較しても差は開き、45グラムの違いがでました。ここまで軽いR4の耐久性はどうなの?と聞かれるんですが、タイヤ特性は短寿命設計ではなく、3000km程度持ちますよ。

2.TPI値: R4→220TPI / Granprix 4000S2→330TPI
こちらのTPI値は重量と真逆の結果が出てきました。330TPIという数値はかなりの高密度ケーシングです。これこそがコンチネンタルタイヤの「売り」でもあると言えます。ボントレガーも220TPIで製品を触ってみると、しなやかさをイメージさせるのですが、一歩及ばないですね。

結果的にはボントレガーのタイヤはコンチネンタルと比較して、軽量。また、しなやかさではコンチネンタルタイヤに分がある。という結論が出ました。どのタイヤも万能という訳ではないですが、タイヤ選びの参考になると思います!

ボントレガータイヤの実測計量
えてして、重量というのは「カタログ値」という魔法にかかっていることも多く、実際の製品には誤差があることもしばしば。190グラムと表記されたR3タイヤを当店の電子はかりで計量してみました。

結果は187グラムということで、-3グラムのうれしい誤差となりました。悪い誤差もあるとは思いますが、±3グラムの範囲内なら許容できるかな?と思います。

30日満足プログラムでボントレガータイヤを試してみよう!

個人的にはレビューが少ないだけで、胸を張ってお勧めできるタイヤなんです。が、結局のところ試してみないとわかりませんよね。そんな方は「30日満足プログラム」が便利です。

30日満足プログラムの利用手順※1
1.タイヤを購入して使用してみる。
2.満足できない場合は、レシートと現品を30日以内に持ち込みで返品・交換可能!
※1:交換工賃はプログラム対象外です。

実際の性能を体感してみると「思っていたより良いタイヤ」と評価を頂く事も多いです。という事で、ボントレガーのタイヤを使ってみましょう!


2016年9月24日土曜日

[報告]9/24(土)バイクミーティング@Flatroad

曇天でも楽しくサイクリングしてきました!

今朝は店長・東が主催するバイクミーティング。本日は平坦ルートの約50kmを集まっていただいたお客様とサイクリングしました!

8時に店舗を出発。参加者の皆様が比較的走りなれているということもあり、海岸線(国道134号線)では、久々に30km/hオーバーの巡航スピードで大磯まで走りました。

大磯・照ヶ崎海岸へ40分ほどで到着!日本初の海水浴場としても知られる場所で、丹沢の山に生息する「アオバト」が海水を飲みにくる地としても有名です。現地に到着すると観測されている方がいたので、アオバトの生態などについて教えていただきました。

アオバトは臆病な性格らしく、海水を飲むために着地する岩礁にはわずか1分ほどしかいません。群れで移動する性格らしく、休息地となっている近所の森から岩礁へは写真のように数十羽が一斉にやってきます。




僕たちは現地の方が観察に使っているフィールドスコープ(望遠鏡)ごしに、アオバトをばっちり見ることが出来たんですが、写真はとてもきれいに撮れない(笑)ので、以前に撮影されたアオバトの写真を撮影させていただくことに♪ すごく鮮やかで綺麗な羽の色が特徴らしく、普段目にするドバトをイメージしているとその違いに驚きますよ!

大磯でアオバト観察を満喫して、寒川に移動する途中の相模川から撮影した写真です。丹沢には雲が取り付いていて、雄大な風景となっていました!

寒川に到着したところで小休止、ということで寒川神社横にある軽食処「KOYO(紅葉)」に向かいました。僕は寒川神社の名物「八福餅」とお茶のセットを頼みました!今日の自転車トークは「休むダンシング」「ペダリング」がテーマとなって色々情報交換できました。O様の悩みが少しでも解消されればと思います(笑)

帰り道は小雨が落ちてきていましたが、ほぼ予定通りの時刻に藤沢店に到着しました!決して最良のコンディションでない中、一緒にサイクリングしていただいた参加者の皆様。本日はお疲れ様でした!また一緒に走りましょう~♪

2016年9月23日金曜日

TREK Segaredo(トレック・セガフレード)公式グッズ(ジャージ・ダウンベスト・サコッシュ)各種在庫しました!

JAPAN CUPは公式グッズを着用して、観戦しませんか?

今年も10月のJAPAN CUPに来日・参戦する事が決定した「TREK Segafredo」その雄姿を観戦する方も、単純にTREK好きなあなたにもオススメしたい公式グッズを各種取り揃えました!



No1.TREK Segafredo Champlain Vest Gilet 13,900円(8%税込)
現場スタッフも愛用するダウンベストが市販されました。軽量な中綿で着心地も快適!レース会場での移動はもちろん、デザインがシンプルなこともあり街中でカジュアルウェアとして着用することもできますよ!メーカー名&ロゴはすべて刺繍なんです!



No2.TREK Factory Racing Champlain Vest Gilet 13,900円(8%税込)
こちらは、シンプルなTREK Factory Racing仕様。スポンサー名なども「TREK」「Bontrager(ボントレガー)」に限定したシンプルなモデル。実は在庫限りのレアものです。





No3.TREK Factory Racing Ernest Jacket Veste 14,900円(8%税込)
先の2アイテムに袖が付いたモデル。デザインはTrek Factory Racingモデルです。袖の肩口には、TREK(右)、Bontrager(左)にそれぞれ刺繍ロゴ入り!秋口のジャケットとして活躍しそうな一着です。(こちらも在庫限り!)

No4.TREK Segafredo Replica Jarjey 12,000円(8%税込)
TREK Segafredo Replica Bib Shorts 13,000円(8%税込)
今年のチームレプリカジャージもご用意しています!デザインは選手が着るものと全く同じなんですが、すこしゆったりした着心地となっています。普段のサイクリングから使える仕様です。半袖は残りわずか!

No3.TREK Segafredoデザインサコッシュ 1,900円(8%税込)
「サコッシュ」といえば、サイクルロードレースで補給食やドリンクをたくさん運ぶための軽量なバッグですが、こちらもチームレプリカ仕様が発売されました!サイクリングの際に、ジャージのポケットに忍ばせておくと、お土産調達の際に役立ちます♪価格も1900円とお手ごろなので、TREK Segafredoの応援のためにもおひとつどうでしょう?

ということで、公式グッズ各種をご用意してお待ちしております!

2016年9月22日木曜日

[はじめてのスポーツ自転車]TREK(トレック)のクロスバイクFX1で鎌倉にショートトリップ!

全行程3時間20分で藤沢→鎌倉を満喫!FX1の乗り心地もチェックしました!

こんにちは。店長の東(あずま)です。今年登場したばかりのクロスバイク「FX1」。その乗り心地が気になっていました。今回は鎌倉までサイクリングしたときの模様と合わせて、FX1がどういう車体なのか。という点をお伝えします!




13:00 サイクリングへ出発!

12時半ごろ、店舗に到着し、出発前の準備を行いました。フロアポンプ(空気入れ)でタイヤの空気圧をチェックしたり、道中の安全を確保する「リアライト」の動作チェックを済ませて、出発しました。


13:15 内陸ルートであっという間に鎌倉市へ。
今回は街中を抜ける内陸ルートを走ることにしました。街中とは言っても、車やバイクとは違う視点なのがサイクリングの楽しいところ。右の写真のようなトンネルをくぐり抜けたりしながら、あっというまに鎌倉市の市境標識がみえてきました。

FX1評価ポイント(○ / △ / ×で評価しています。)
○抜群の安定感があって、20km/h以上のスピードでも心地よい操作感がGood!
○リアのギア変速はスムーズ。平坦な所はリア7速で対応可。


13:44 鎌倉の魅力は「路地」、そして鶴岡八幡宮へ到着
鎌倉の魅力って、路地にあるんだなーと自転車で来るたびに思います。坂道も多いので、徒歩では足が進まず、車では通れない。そんな路地には昔からの鎌倉の風景が残っているような気がします。途中、路地をいくつか寄り道しながら「鶴岡八幡宮」へ到着!

FX1評価ポイント(○ / △ / ×で評価しています。)
△フロントは変速操作に重さがあるので、頻繁な切り替えは大変。
→地形に起伏がある地域の方は、上位モデルがオススメ。

×急こう配の坂道は、車重が気になる。
→ 坂道を含めたサイクリングを楽しみたい方は、FX2以上が良い選択になるかもしれません。


14:10 休憩は地元のベーカリーで。鎌倉最古のお寺を眺める。
 「前々から気になっているベーカリーがある」というスタッフ・中尾の提案を受けて「よねこベーカリー」さんへ立ち寄りました。人気のちくわパンが気になるも、バター&あんこの間違いない組み合わせに誘われ、お買い上げ(笑) 途中で「苔の階段」で有名な杉本寺を下から眺めて写真撮影を楽しんだりしました。

FX1評価ポイント(○ / △ / ×で評価しています。)
○15kmの道のりをのんびりペースでも1時間で走ることができました。
○車の往来が多く、低速で走る場面でも車体がフラつかず安心して走れました。


15:20 天候変化で予定も変更。3時間20分の内、1時間半の運動となりました。 
帰路の途中で、長谷観音を見て回ろうかな~と思っていました。が、雲行きが怪しいので途中で「麩まんじゅう」をお土産に、来た道を戻ります。雨には降られず3時20分には店舗まで帰ってこれました。自在なプラン変更がサイクリングの利点の一つですね。


FX1評価ポイント(○ / △ / ×で評価しています。)
○鎌倉までの往復にFX1はとても楽に走行可能。
△スピードを求める方は「タイヤサイズ変更」などのカスタムの選択肢も。
△グリップはFX3の「サテライトプラス」に変更すると快適性UP!

今回のショートトリップの内容をお伝えしましたが、「こんな短時間で観光スポットや食事処を見て回れるんだな~」と改めて、スポーツ自転車の便利さを再確認しました。藤沢市内からなら、片道15km程度の観光スポットに向かうのは、自転車が最も最適かもしれません♪

FX1の実力…総評
FX1は実用性重視のクロスバイクということですが、このような週末の空き時間を利用した楽しみ方にも十分使用可能な自転車だと思います。

★7段変速のリアギアは、ちょっとした坂道や車速の変化に応じて、スムーズに対応できます。一方で、フロントの変速はFX2/3などの上位モデルに比べると、少々レバー操作がわずらわしく感じることも。

★巡行スピードをもっと早くしたい!という方は、車重のシェイプアップを兼ねて「タイヤサイズ」を変更することで、もっとスポーティな走り心地も体感できそうです。


★写真のように、いつでもブレーキを制動できるようなポジションでハンドルバーを握っていると、グリップが手首をサポートし続けられない箇所が気になりました。FX3に採用されている「サテライトプラスグリップ」に変更すると、快適性が増すと思います。
もしくは「バーエンドバー」と呼ばれるポジション変更ができるパーツを増設するのも◎

これからFX1を購入したい!というお客様の参考になれば幸いです!実際の乗り心地も試してみたい!という事であれば、当店の試乗バイクに乗ってみませんか?15分ほどの体験試乗は、無料で乗車可能です。ぜひご来店をお待ちしております!

以上、FX1に関するレポートでした!

2016年9月20日火曜日

Dura-Ace R9100(デュラエースR9100) / Deore XT M8000(デオーレXT M8000) / METREA(メトレア)の情報解禁!

SHIMANO(シマノ)パーツの新製品発表会でチェックした情報をお届けいたします!

今年の夏前から予告されていたDura-Aceの新モデルをはじめ、MTB向けコンポーネントや新しく登場した「アーバンバイク向けパーツ」などの盛りだくさんの新情報をご紹介いたします!





Dura-Aceは「R9100」シリーズへ。
ワイヤー式はより快適に。Di2は機能的な面で進化

今年の情報解禁から、最も注目されている「Dura-Ace」の新モデルについて。いろいろな情報サイトで詳細が出回っていますので、本記事では店長・東が「ずばり新しいモデルはここが変わった!」という点をご紹介いたします。

1.スプロケットのチタン使用率の増加、クランクセットの素材変更などの軽量化
ワイヤー/電動変速共通のパーツは、より軽量化しました。高価なチタンを用いたスプロケットは耐摩耗性という点でも優れています。クランクについても、重量シェイプはもちろん、ペダリング時に掛かるパワーを受け止めるアーム部分を改良したとの事。

2.ワイヤー式STIレバーのストローク量が少なくなり、ストレス軽減!
Di2に対して、ワイヤー式の「人車一体感」を好む方に朗報です!R91系のSTIレバーはレバーの押込み量(ストローク量)が14%~23%少なくなりました。また、変速操作に必要とする力も、少なくなっています。素早い変速が可能になり、ストレスは軽減される傾向にあります。

3.Di2は「シンクロシフト」「ワイヤレスでのセッティング変更」が可能に。
電動変速システム(Di2)は、機能面で大きなアップデートがあります。シンクロシフトと呼ばれる、ギアの伝達効率を考慮したセミオートマシステムが新たに搭載されます!このモードをONにしたとき、わずらわしいフロント/リアのギアポジションを意識した変速から解放され、1回のアクションでDi2システムが最適なギア位置へ変速を完了させます。
この機能については、別途解説記事をUP予定ですのでお楽しみに!

4.パワーメーター付きクランク登場!詳細はもう少し先にわかります!
先行情報の中でも期待の高い「SHIMANO製パワーメーター付きクランク」ですが、登場は確実となりました。2017年の前半にはリリースされます。しかし、まだ詳細は明かされていないため、情報は追ってご紹介したいと思います。


Deore XTにDi2バージョンが登場!ますます独自の進化を遂げています

MTB系コンポーネントは、総費用の兼ね合いからカスタムに一番選ばれる「Deore XT」を取り上げたいと思います。

1.Di2登場!XTR譲りの機能が手に届く価格で手に入ります!
すでに手に入る状態となっていますが、改めてご案内したいのが「XT Di2」です。電動変速はMTBのようなシビアコンディション下で、その力を更に発揮します!XTRやこの度Dura-Aceにも採用された「シンクロシフト」はXTにも搭載されます。また正確無比な変速を可能にします。これまでXTRしかDi2の選択肢が無かったのですが、XTならXTRの約半分の費用でDi2化可能です!(15万円程度)

2.ワイドタイヤフレームに対応する1x11変速やギアアイテムが登場!
ファットバイクに加え、29+や27.5+といった「ワイドタイヤ規格」が業界を席巻していく中、最適化されたギアがXTグレードに投入されます。それが上の写真にもある「フロント30Tシングルギア&リア11-46Tのメガレシオスプロケット」です。フロントシングル化によりチェーントラブルのリスクは軽減され、46Tという超低速ギアは登り坂でもワイドタイヤフレームをグルグル回せます。

クロスバイクやフラットバーロード向け本格派モデル「METREA(メトレア)」は、こだわりの一台にオススメしたい仕上がり

近年、クロスバイクやロードバイクでもフラットバーカスタムした車体を好んで乗車するスタイルが確立してきました。しかし、本格的なカスタムをしようとすると…「MTBかロード系コンポを流用する」事しかできませんでした。そんな方へシマノからのご提案です。

1.街中から中距離のサイクリングカバーする最適なギア比に設定
メトレアのコンセプトは「街中を駆け抜け、移動を快適に」というような実用的な一面を見せています。スポーツではないユーザーに向けた最適な「42Tシングルギア」「46x32Tダブルギア」を用意してきました。カジュアルな服装でも乗車できるよう、削り出しのメタルな質感漂う「バッシュガード」が標準装備されています。

2.こだわりの一台に仕上げる高品質パーツを採用
メトレアは「シティバイク版Dura-Ace/XTR」のような高級コンポーネントを目指しています。性能はもちろんの事、愛車の品位を高める質感をもった「こだわり」があります。それでいて4万円台からのカスタム費用と非常にリーズナブル!※1

※1フロントシングル仕様、変速系のパーツ代のみ

2017年のコンポーネントのご紹介は以上ですが、この記事に書ききれないほどの詳細な情報を仕入れてきています!詳しく知りたいとお考えの方は、店長の東(あずま)までおたずね下さい!(メールやお電話でもOKです)

2016年9月19日月曜日

2017モデルのTREK(トレック)Domane(ドマーネ)の魅力が詰まった小冊子無料配布します!

ニュードマーネの秘密がたくさん詰まった小冊子が届きました!

先日、最新版の紙媒体が店頭に届きました。見てみると、ファビアン・カンチェラーラのグラフィックと「DOMANE」の文字。

これがその小冊子です!今年アップデートを果たした「Domane SLR」「Domane SL」「Domane S」の内、特にDomane SLRの記述が盛りだくさんの内容です。

中でも特に興味深い記事は「調整式ISO SPEED(アイソスピード)」が従来のDomaneシリーズと比べてどうなのか?という科学的データを掲載しているページ。専門用語がわかりやすく解説されていて、「なるほど~!」とうなづいてしまいました(笑)

そして!現在、湘南藤沢店にはDomane SLR6の展示&試乗車をご用意しております。登場直後から注目度が高く、いよいよ購入を検討なさっているお客様もいらっしゃると思います。「最後は実物をチェックしたい」とお考えの方は、当店に足をお運びください。

Domaneシリーズの魅力が分かる小冊子
無料配布中(なくなり次第、終了)