2016年5月29日日曜日

Bontragerのヘルメットは○○に対応しています!


Bontrager製ヘルメットを購入した時の二つのメリット

店頭にある主要なヘルメットを並べてみました。ヘルメット選びって大変ですね。頭に合うかどうかを実際にチェックしたいし、落としたりしたら交換しなければならないことも。場合によっては基準を満たしているヘルメットが必要になる事もあります。そんな時、ボントレガーのヘルメットなら!と思えるメリットを二つご紹介したいと思います。

JCF公認ヘルメットになりました!

国内のイベント・レースに参加しようとすると参加要望に「ヘルメットはJCF認可されているものを着用する事」なんて書かれていたりします。JCF=日本自転車競技連盟が安全と認めた許可がないとだめですよーってことなんですが、Bontragerでは、Ballista(バリスタ)CircuitAsia(サーキットアジア)・Aeolus(アイオロス(TT使用時のみ))と3モデルの認可が下りています。そして公認ヘルメットには写真の様なステッカーが貼られているので、お手持ちのヘルメットもチェックしてみて下さい。

クラッシュリプレイスメントプログラム始まってます!

高価なヘルメットが落車でぐしゃぐしゃに…買ったばかりなのに~なんていうシチュエーションに対応するプログラムです。OGKさんが始めて話題になりましたね!Bontragerも本プログラムをスタートしました。

このプログラムは購入から一年の間に落車等でヘルメットを破損した時、無償で新品に交換する。という内容になっております。役割を果たしたヘルメットをお持ちいただければ、新しいモノと交換いたします。購入時のレシートが必要になる場合があるので、しっかり取っておいてください!

新しいヘルメットのリニューアルを考えている方やこれからヘルメットを新調する方も、安全と認可され、便利なプログラムが付帯したBontragerヘルメットをぜひ店頭でお試しください!