2016年6月26日日曜日

調光?ミラーレンズ?サングラスの役割と選び方!

ファッションではないサングラスの役割とは?自転車には必須アイテムですよ!

 サングラス(アイウェア)と聞くと「見た目が派手になるからちょっと…」なんていう方もいらっしゃるんですが、サングラスにはれっきとした役割があるんです。屋外に出ている時間の長いスポーツ自転車を趣味とするなら1本は持つべし!とオススメしたいアイテム。
今回は、そんなサングラスの役割と選び方をオススメしたいと思います。

サングラスの役割とは?
聞かなくても知ってる~と言わず、聞いてください(笑) 普段私たちが屋外に出ている間はつねに太陽光にさらされています。この太陽光には可視光線紫外線という二つの電磁波が含まれており、それぞれ長時間浴びると人体に影響を及ぼします。

可視光線:目に見えるまぶしさを感じます。路面状況が読みにくくなることも。
紫外線:いわゆる日焼けの原因。目に入射すると網膜を焼いてしまう原因にも。

目に紫外線が長時間当たると、充血やヒリヒリ感、重篤になると目が開けられないなど自転車の運転に大きな支障をきたしてしまう事も…。数時間、外で運動をする際にはサングラスを着用したほうが体のケアになるんです。

レンズの種類と特長
サングラスの役割が分かったところで、サングラスのレンズについてお話ししましょう。サングラスとひとくくりにしていますが、そのレンズには様々な種類がありますよね。このレンズにもシチュエーションによって選び方がありますので、当店取り扱いのレンズを例に、ご説明したいと思います。

1.スモークレンズ
サングラスの王道。入射してくる光をカットする為にスモークフィルターをレンズにコーティングしたモノです。最もオーソドックスなタイプなので扱いやすい点は利点になるでしょう。欠点としてスモークコーティングの具合は決められたものなので、光の入射量が大きく変化するトンネルなどの進入の際、一瞬見えづらくなることがあります。

 2.ミラーレンズ
その名のとおり、レンズ表面にミラーコーティングを施したタイプです。レンズの表面と裏面にそれぞれフィルターを掛けているため、ご紹介する3モデルでは最も、入射光のカット率が高い設定になっています。晴天の海など照り返しのある地域を走行する時などは絶大な効果を発揮します。また、化粧が落ちた事が分かりづらいということで女性に人気のモデル。目線が読まれづらいのでそういった部分にメリットを感じる方も。デメリットは、スモークレンズ同様に光の変化に弱いです。特にカット率が高いミラーレンズはトンネル内では一度サングラスを外す必要がある事も。

3.調光レンズ
レンズに紫外線を受けると一定の濃さまでスモークがかかる機能的なレンズです。また紫外線を受けなくなると30%程度、透明に近づきます。3モデルの中では最も視認性が良く、光の入射量の変化に強いモデルとなっています。デフォルトがほとんどクリアレンズに近いモデルから、ある程度スモークがかかった状態→濃いスモークに変化するモデルとシチュエーションに合わせて、選びやすさがあります。欠点らしい欠点はないですが、強い光の照り返しに対しては、ミラーレンズに比べると光カット率は劣ります。

サングラスの選び方まとめ
3つのレンズの特徴についてご説明しました。私(店長・東)はミラーレンズ調光レンズタイプのサングラスをシチュエーションによって使い分けています。

選び方の例
宮ケ瀬方面に向かう時…真っ暗なトンネルが連続する区間で視認性が高くなるよう、調光レンズをチョイス。

小田原・熱海方面へ向かう時…海岸線の強烈な日差し・照り返しに目が焼けてしまわないよう、ミラーレンズをチョイス。

というような具合です。皆様も記事をご参考にサングラスを選んでみて下さい。
当店オススメはなんといっても安価で安心の性能を備えたTifosi Optics(ティフォージオプティクス)製のサングラスです!店頭に日本人にフィットするフレームを数種類ご用意しておりますので、一度試着してみて下さい!