2016年7月10日日曜日

Project Oneサイトがリニューアル!欲しかった構成・カラーがより分かりやすくなりました!


Project Oneサイトがリニューアルオープン!新色登場な上に、価格も…?

TREKの最上位モデルは全てが「Project One(プロジェクトワン)」に対応している事は皆様ご存知かと思います。そのProject OneのWebサイトがリニューアルオープンしたという事で、改めてProject Oneについてご紹介したいと思います。

Project One高いモデルを買う Project One=自分の欲しいバイクを買う

スポーツ自転車に乗ると、機材に対する様々な要望が出てくると思います。「もっと滑らかな変速をするコンポーネントが欲しい」「楽に高速巡航できるホイールが欲しい」「自分の気に入ったカラーのフレームが欲しい」etc…といった具合です。Project Oneとは、そんな要望にきめ細かく応えられるセミオーダーシステムなのです。カタログや情報誌に掲載されているProject Oneバイクはその中で組み合わせできるバイクのほんの一握り。というのがポイントです。

Madone9シリーズを例に挙げてみましょう。Madone9.2完成車は680,000円で購入可能です。一方で、よく対比されるMadone9シリーズProject One対象車はカタログに出てくるモデルで1,650,000円のモデルばかりが取り上げられています。この二つはコンポーネント、ホイール、サドル、フレームオプションにいたるまで異なるバイクだという事です。

実際にMadone9.2と比較したProject Oneバイクをシミュレートしてみましょう。

Madone9.2をベースにしたモデルはリニューアルしたWebサイトからすぐに選択可能となっています。価格は740,000円となっています。同スペックで構成したProject Oneバイクと完成車モデルは60000円の差があるわけですね。この差は何かと言うと「選択カラーの差」です。上の画面をご覧頂くとわかりますが、Project Oneではあらかじめデザイナーがデザインした「セレクトカラー」が5色(モデルにより前後します)用意されており、その中から好きなカラーを選ぶことが出来ます。完成車は通常1色or2色からのチョイスとなるので、より豊富なカラーチョイスが可能となるわけです。

セレクトカラーにも気に入る色が無い場合は…「シグネチャーモデル」を選択!


先程の5色でも気に入る色が無い場合は、決められたパターン内で自由に色の組み合わせが出来る「シグネチャーカラー」を選択してみましょう!自由に色が決められるので、本当の意味で自分だけの一台を作製可能です。中にはファビアン・カンチェラーラや、TREK Factory Racingの選手が駆るバイクのレプリカカラーが用意されて居たりしますよ!


ちばサイクルのスタッフも、Project Oneで作製したバイクに乗車しています!左は相模大野スタッフ・古舘仕様のEmonda SLR。シンプルなSolid Logoパターンのシグネチャーモデル。右の店長・東のバイクはOff The Frontというモデルで特殊カラーをチョイスしています。

是非、この機会にProject Oneで自分のバイクをシミュレーションしてみてください!完成車モデルに気に入った構成がない方は、理想のバイクを見てみる良いチャンスになると思いますよ!