2016年9月17日土曜日

[2017モデル情報]電動アルテグラ搭載のEmonda SL7(エモンダ SL7)を買うと68000円お得!?


コストパフォーマンス抜群のEmonda SL7の価格を検証しました!

先日、ロードバイクをご購入いただいたお客様に決め手を伺うと「コストパフォーマンスいいですよね~このバイク」と言われたのが、Emonda SL7でした。

★Emonda SLフレーム採用(OCLV500)
★BB90/E2ヘッドセットなどTREK独自技術もふんだんに採用
★電動アルテグラ(6870シリーズ)をフルセット組込み済

と、確かにカタログスペックを見ても魅力満載な一台です。価格は459,000円(8%税込)ですが、果たしてそのコストパフォーマンスとは!?次の項目で徹底検証します!

Emonda SL7 VS Emonda+Ultegra Di2の価格比較
果たして、完成車としてのEmonda SL7はどのくらいお得なのか?Emonda SLフレームセットに個々のパーツを組み付けたときの価格を計算してみました!尚、価格は当店販売価格に準じて計算しています。

パーツ名
価格(8%税込)
Emonda SLフレームセット ¥199,000
ST-6870 ¥34,086
SM-EW90-B ¥12,108
EW-SD50x6本 ¥14,592
ブレーキワイヤー ¥3,600
SM-JC41 ¥3,042
FD-6870 ¥22,965
RD-6870 ¥24,844
FC-6800 ¥27,579
BR-6800 ¥14,335
CS-6800 ¥8,303
CN-HG701 ¥3,642
SM-BTR2 ¥15,564
SM-BCR2 ¥10,475
BB90ベアリングセット ¥5,000
シートマストキャップ ¥17,900
Bontrager RaceTLRホイール ¥48,000
ハンドルバー ¥8,900
ステム ¥11,900
サドル ¥14,000
タイヤ ¥7,800
チューブ ¥1,900
バーテープ ¥1,900
組み立て工賃 ¥16,200
合計 ¥527,635
Emonda SL7との差額 ¥68,635

結果はEmonda SL7の勝利!結果も工賃込なら約68,000円お得!
パーツ代のみの算出でも約52,000円分、お得な結果となりました。

Emonda SLの特長


外観
それでは、Emonda SL7について詳しく見ていきましょう。カラーリングはブラック&ホワイトをベースにしていてシンプルです。差し色にダークグレーとシルバーを使っています。塗装はマット(艶消し)仕上げです。


アクセサリー
コストカットされがちなサドルやステムも力が入った構成になっています。

サドル:Montrose Elite(モンテローゼ エリート) 
チタンレールを採用した、ロングライドに適するサドルグレード

ステム:Pro Stem(プロ ステム)
アルミ最上位モデル。軽量で剛性もあり、ハンドルに安定感をもたらします。


コンポーネント&フレーム
このモデルは何と言っても「電動変速」が組み込まれている事が最大の特長です。アルテグラDi2がフルセットというのも、性能が100%発揮される構成でGood!

フレームは「OCLV500」を採用し、高い走行性能を誇ります。Emonda SLを試乗・購入したお客様からは「巡行スピードが速くても維持するのが辛くない」「数値上で軽量だと感じる以上に、ヒルクライムが楽しい!」というような評価を受けています。

2017モデルの中でも「上位モデルに匹敵する性能を備えている」「50万円以下に車体価格を抑えたい」という方にはベストチョイスであること間違いなし!の一台です。

店頭展示外の車体ですが、同じEmonda SLフレームのSL5を試乗車としてご用意しております。サイズ計測も、トレックの製品を深く理解する私たちにお任せください!

Emonda SL7
価格:459,000円(8%税込)