2016年9月10日土曜日

FINISH LINE(フィニッシュライン) BIKE DEGREASER(バイクディグリーザー)で頑固な油汚れがすっきり落ちます!



スプロケットが取り外しできる方は、ディグリーザーで洗浄してみましょう!

チェーンを清掃して注油しても、すぐに汚れてしまう…という方は後輪のギア「スプロケット」が汚れていませんか?今回はスプロケットが取り外せる方に、オススメしたい強力な脱脂洗浄剤をご紹介いたします。

この手の強力な洗浄剤は「ディグリーザー」と呼ばれています。「 degrease  油脂を除去する」という機能から付いた名前です。

・強力な脱脂能力・洗浄能力を有する
・揮発性が低く、漬け置きのような作業ができる
・ケミカル臭があるため、屋内作業は難しい

というような特徴があるため、換気ができる場所(出来るだけ屋外)が望ましいです。


実際の使い方と効果をチェックしてみます。当店で在庫しているディグリーザーはスプレータイプですので、汚れがきつい箇所に直接吹き付けます。(写真のような金属トレイがあると便利です)

このように、洗浄したいパーツがひたる程度にしてやると汚れが落ちやすいです。スプロケットのような細かなパーツは「歯ブラシ」がおすすめ。特に新品である必要はないので、使い古しを取っておくと便利です。

例として、文字が刻印されている部分をディグリーザー+歯ブラシでこすってみました。

洗浄後がこちら。どうですか?あっという間に綺麗になってしまいます。というかちょっとした快感を覚えます(笑)

また、スプロケットは表面だけではなく、歯と歯の間をチェックしましょう。そこには汚れがたまっています。これも先ほどと同じ要領で磨くと…

このようにピカピカのシルバーに!輝きを取り戻します!達成感が強いので、雨の日のガレージなどで作業していると、時間を忘れてしまいそうになると思います(笑)

無色透明な溶液が、みるみるうちに汚れを拾って黒くなっていきます。このように取り扱いにはいくつか注意点はあるものの、とても便利な洗浄剤です。みなさまも一度チャレンジされてはいかがでしょうか?

注意
今回ご紹介した、ディグリーザーを使ったスプロケット洗浄は「必ず」スプロケットを取り外してから行いましょう。ホイールに装着したまま作業すると、ホイール内部のパーツにダメージを与える可能性もあります。

スプロケットの取り外し工具についても、近いうちにレビューを行う予定でおります。また店頭ではディグリーザーと共にこの工具も販売中。当記事をご覧になってすぐに試したい!と思われた方は、ぜひスタッフまでお声をおかけください。

FINISH LINE BIKE DEGREASER

容量:360ml
価格:1,620円(8%税込)